サカタナオキ 略歴

langue: EN, FR

 1981年8月、京都市生まれ。現在パリに在住。高校でエレキギターに触ったことがきっかけで、作曲に興味を持ち始める。様々なジャンルで活動した後、現代音楽を中心に制作をするようになる。ヨーロッパと日本を行き来する作曲家の視点で、絶え間なく変化し、過ぎ去っていくものを音で見つめている。

 愛知県立芸術大学の寺井尚行のクラスで学び、2007年に首席で卒業。卒業後、渡仏を決める。2008年、パリ・エコール・ノルマル音楽院のエディット・ルジェのクラスにて、審査員満場一致の一位で高等ディプロマを取得。2009年からパリ国立高等音楽舞踏院に入学。2013年にステファノ・ジェルヴァゾーニのクラスを修了。2014年にIRCAMにて研修を受ける。

 SACEM賞、第36回入野賞、2017年度武満徹作曲賞第1位、第66回尾高賞、第28回芥川作曲賞など受賞多数。

 これまでに、サントリー・サマーフェスティヴァル(サントリーホール主催)、Music Tomorrow(NHK交響楽団主催)、コンポージアム(東京オペラシティ文化財団主催)、武生国際音楽祭、ルートヴィヒスブルク音楽祭(ドイツ)、サクソフォン・コングレス(2015年度ストラスブール、2018年度ザグレブ)、フェスティヴァル・ミュジカ(ストラスブール、フランス)、ロワイヨモン作曲講習会、京都の秋・音楽祭、レ・ゾルグ音楽祭(トゥールーズ、フランス)、リマ国際音楽祭(ペルー)、オペラ・バルガ音楽祭(イタリア)、ディヴェルティメント・アンサンブル・ロンド2016(ミラン、イタリア)、ウィーン・サクソフォン・フェスティヴァル(ウィーン、オーストリア)など、著名な企画や音楽祭で作品が発表されており、それらはアラ・ブレーベ(フランス・ミュージック)、現代の音楽(NHK)などで放送されている。

 また、アンサンブル・2E2M、アンサンブル・アルテルナンス、アンサンブル・ノマド、アンサンブル・ミュルチラテラル、アンサンブル・リネア、ディヴェルティメント・アンサンブル、ディオティマ四重奏団、NHK交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、ディジョン・ブルゴーニュ管弦楽団、デュオ・デニゾフ、東京シンフォニエッタ、マクロコスモス四重奏団、阿部加奈子、有馬純寿、イエルーン・ベルワルツ、伊藤あさぎ、井上ハルカ、大田智美、カチュン・ウォン、雲井雅人、サンドロ・ゴルリ、杉山洋一、ステファン・アズベリー、ティト・チェッチェリーニ、中川日出鷹、松原智美、本堂誠、ラファエル・ピドーなどの演奏家・演奏団体により作品が演奏されている。

 母校の愛知県立芸術大学をはじめとして、東京藝術大学、相愛大学、国立音楽大学、大阪音楽大学、桐朋学園大学、京都市立芸術大学などで特別講座や非常勤講師の委嘱を受けている。

 これまでにフランス著作権協会、ローム音楽財団からの支援を得る。

(2018/9/23更新)