サカタナオキ 略歴

langue: EN, FR


漢字は坂田直樹。1981年8月、京都生まれ。現在パリに在住。高校でエレキギターに触ったことがきっかけで、作曲に興味を持ち始める。様々なジャンルで活動した後、現代音楽を中心に制作をするようになる。近年の創作活動において、鉱物や化石、光学的な現象が重要なインスピレーションになっている。

愛知県立芸術大学の寺井尚行のクラスで学び、2007年に首席で卒業。桑原賞受賞。卒業後、渡仏を決める。2008年、パリ・エコール・ノルマル音楽院エディット・ルジェのクラスにて、審査員満場一致の一位で高等ディプロマを取得。2009年からパリ国立高等音楽舞踏院に入学。2013年にステファノ・ジェルヴァゾーニのクラスを修了。2014年にIRCAMにて研修を行う。

2011年、武生国際音楽祭、2012年、ロワイヨモン作曲講習会、2013年、レ・ゾルグ音楽祭(トゥールーズ、フランス)、リマ国際音楽祭(ペルー)、2014年、オペラ・バルガ音楽祭(イタリア)、アラ・ブレーベ(ラジオ・フランス)、2015年、Saxopen(ストラスブール、フランス)、フェスティヴァル・ミュジカ(ストラスブール、フランス)、2016年、ディヴェルティメント・アンサンブル・ロンド2016(ミラン、イタリア)、ウィーン・サクソフォン・フェスティヴァル(ウィーン、オーストリア)などの企画や音楽祭で作品が発表されている。

2008年、SACEM賞受賞、2011年、武生作曲賞、日本音楽コンクール入選。2015年、第36回入野賞受賞。

また、アンサンブル・2E2Mアンサンブル・アルテルナンスアンサンブル・ミュルチラテラルアンサンブル・リネアディヴェルティメント・アンサンブルディオティマ四重奏団ディジョン・ブルゴーニュ管弦楽団デュオ・デニゾフ東京シンフォニエッタ、マクロコスモス四重奏団、ミュジカ・クラコ座阿部加奈子有馬純寿伊藤あさぎ井上ハルカ大田智美雲井雅人ティト・チェッチェリーニ中川日出鷹ニコラ・アルセニジェヴィック松原智美ラファエル・ピドーなどの演奏家・演奏団体により作品が演奏されている。

教育課程や講習会などで、アラン・ゴーサンアルベルト・ポサダスアレッサンドロ・ソルビアッティエディット・ルジェカイア・サーリアホクロード・ルドゥグレゴワール・ロリユステファノ・ジェルヴァゾーニチャヤ・チェルノヴィンハンスペーター・キブルツフィリップ・マヌリブライアン・ファーニホウフランチェスコ・フィリデイヘクトー・パラヘルムート・ラッヘンマンマーク・アンドレ・ダルバヴィミカエル・ジャレルヤン・マレシュヤン・ロバンラファエル・センドルイス・ナオン川島素晴北爪道夫寺井尚行夏田昌和武藤好男湯浅譲二の各氏の指導を受ける。

愛知県立芸術大学非常勤講師。

これまでにフランス著作権協会、ローム音楽財団からの支援を得る。

(2016.1.31更新)